江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

アメリカンロースト(American Roast)

ミディアムロースト。コーヒー豆の表面が程よく茶色になる焙煎加減。

中煎りのやや浅めの焙煎で、シュリンケージ(目減り率)は約12。

香りが豊富で酸味が強いコーヒーが出来上がる可能性の高い焙煎度合い。

 

薄皮がはがれて芳香が漂いはじめます。

そして、薄茶色だったコーヒー豆の茶色が強くなってきて「パチパチ」という1ハゼの音(1回目の破裂音)が聞こえはじめます。

その1ハゼの音(破裂音)が終了する前後の段階がアメリカンロースト、中煎りの浅めの煎り具合なのだと思います。

 

ミディアムライトブラウンの焙煎コーヒー豆で、いくつかのシングルオリジンコーヒーにとっての一般的な煎り具合なのだと思います。

 

 珈琲用語(目次) 珈琲用語/あ