江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

アサービク(Acerbic)

f:id:ekawa:20170707085117j:plain

渋味を感じる嫌な酸味、嫌悪感を催す酸っぱさをアサービク(Acerbic)と呼んでいるのだと思います。コーヒーの欠陥味です。

淹れたコーヒーを長時間保温したり、高温で温めたりすると発生するコーヒーの欠陥味。

 

アサービク(Acerbic)は、コーヒーの不愉快な酸味を表現する用語なのだと思います。

酸味には、コーヒーにとって良い酸味と悪い酸味があると考えています。アサービク(Acerbic)は、間違いなくコーヒーにとって悪い酸味だと思います。

欠陥のある不愉快な酸味は、コーヒー生豆の精製段階の発酵工程に問題があった場合にも発生します。しかし、淹れたコーヒーを長い時間保温しておくことで、不愉快な苦味と不愉快な酸味を持つコーヒーに変化するという現象の方が目立っているのだと思います。

 

コーヒーを淹れた後、保温のために過度な熱をコーヒーに供給し続けることによって発生するコーヒーの欠陥味。舌の上で感じる辛らつで不愉快な酸味。

アサービク(Acerbic)は、カッピングやテイスティングでは、コーヒーの味に悪い影響を与える酸味だと評価れます。

アサービク(Acerbic)な酸味を感じるコーヒーをできるだけ抵抗無く飲む方法として、ブラックコーヒーでは無くてミルクや砂糖を添加するホワイトコーヒーで飲むという方法が、昔から知られています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/あ

 

関係ストーリー

エカワ珈琲店が考えている、淹れたコーヒーを長時間保存しておくと、不愉快な酸味が多くなって不味いコーヒーになって行くメカニズムを解説しています。