エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

アザー・マイルド

「アザーマイルド」という用語は、コーヒー取引用の分類用語だとエカワ珈琲店は考えています。

ICO(国際コーヒー機関)では、コーヒーをコロンビア・マイルド、アザー・マイルド、ブラジル&アザー・アラビカ、ロブスタの4つのグループに分類しています。

アザー・マイルドは、コロンビア・マイルド(コロンビアやタンザニア)以外の水洗式アラビカ種生産国のコーヒー豆。

 

コーヒー豆の取引タイプは、アラビカ種の場合、水洗式のコロンビアマイルドとアザーマイルド、非水洗式のアンウォッシトアラビカに分類されています。

ロブスタ種については、分類はロブスタだけです。

 

コロンビアマイルドの生産国は、コロンビア、ケニア、タンザニアです。

それ以外の水洗式アラビカ種のコーヒー豆生産国のコーヒー豆が、アザーマイルドに分類されています。

アンウォッシュドアラビカの生産国は、ブラジル、エチオピア、イエメン、ボリビア、パラグアイとされています。

 

コーヒー文化学会編集のコーヒーの事典でアザー・マイルドを調べると

「Other mild」はO.Mと略される。取引上分類される4つのタイプ(C.M、O.M、U.R、O.R)のひとつ。 

ちなみに、取引上分類される4つのタイプとは、ニューヨーク取引所でのコーヒーの産地取引タイプで、先物取引では、この4つのタイプが対象となっているそうです。

 

コーヒー文化学会編集のコーヒーの事典(2001年12月刊行)で取引タイプを調べると、4つの取引タイプに分類されるコーヒー豆生産国は以下のようになります。

取引タイプ

(1)コロンビア・マイルド(アラビカ種/水洗式)

コロンビア、ケニア、タンザニア

(2)アザー・マイルド(アラビカ種/水洗式)

メキシコ、ペルー、エルサルバドル、ジャマイカ、コスタリカ、グァテマラ、ホンジュラス、ベネズエラ、インド

(3)アンウォッシュドアラビカ(アラビカ種/非水洗式)

ブラジル、エチオピア、ボリビア、パラグアイ、イエメン

(4) ロブスタ(ロブスタ種)

カメルーン、マザガスカル、アンゴラ、コンゴ、ウガンダ、ガーナ、トリニダードドバゴ、コートジボアール、インドネシア

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/あ