江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

コーヒークラシフィケーション/Coffee Classification

コーヒー生豆の格付け。コーヒーのグレイディング。

収穫したコーヒー豆は、格付けをして商取引の基準としています。

格付けには、色々な要因が考慮に入れられます。

格付けに際しては、コーヒー豆のサイズ(サイジング)、混入物・欠点豆の数量(品質タイプ)、味(カップ)による分類、コーヒー生豆の香りや色による分類などの要因が考慮されます。

 

コーヒーのグレーディング/Gradingやクラシフィケーション/Classificationは、最高のカップ品質を作り出して、付加価値の高いコーヒー生豆を輸出するための最高の方法だと考えられています。

コーヒーのグレイディング/Gradingやクラシフィケーション/Classificationは、生産国によって色々な基準や評価方法が存在しています。

 

普遍的な方法は存在していませんが、SCAAのコーヒー生豆比較方法が、相対的に優れていると考えられています。

SCAAの方法では、300グラムのコーヒー生豆を使って分類・評価しています。

 

しかし、300グラムのコーヒー生豆を分類するのには時間がかかるので、100グラムのコーヒー生豆で作業することもあるようです。

欠陥の少ない高品質のコーヒー生豆を分類するときには、300グラムのコーヒー生豆を使うのが当たり前となっています。

 

でも、欠陥のあるコーヒー生豆が数多く混じっているコーヒー生豆を分類するには、100グラムのコーヒー生豆で十分だと考えられているようです。

そして、最終的な評価・分類をするためには、そのコーヒー豆を焙煎して、その焙煎したコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れて、その香味を評価する必要があると考えられています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/こ

珈琲用語/く