珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

脂肪酸(Fatty acid)

脂質は、脂肪酸(Fatty acid)によって構成されています。コーヒーの生豆には、パルミチン酸やリノール酸など、約10種類の脂肪酸が含まれています。

脂肪酸(Fatty acid)には、炭素数の少ない低級脂肪酸と、炭素数の多い高級脂肪酸があって、低級脂肪酸は、臭気と酸味があって水によく溶けます。 

 

Wikipedia/脂肪酸では、以下のように説明されています。 

脂肪酸(Fatty acid)は、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸で、炭素数が2~4個のものを短鎖脂肪酸(低級脂肪酸)、5~12個のものを中鎖脂肪酸、12個以上の炭素数のものを長鎖脂肪酸(高級脂肪酸)と呼ぶ。

広義には、油脂や蝋(ロウ)、脂質などの構成成分である有機脂肪酸を指すが、狭義には、単に鎖状のモノカルボン酸を示す場合が多い。

Wikipedia/脂肪酸より】

 

農林水産省のホームページでは、以下のように説明してくれています。

脂肪酸は、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)の3種類の原子で構成され、炭素原子が鎖状につながった一方の端にカルボキシル基(-COOH)がついています。

脂肪酸には、炭素の数や炭素と炭素のつながり方などの違いにより、様々な種類があります。

脂肪酸は、構造の違いにより「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類できます。炭素と炭素の間に二重結合が全くない脂肪酸(例:パルミチン酸、ステアリン酸など)を飽和脂肪酸、二重結合がある脂肪酸を不飽和脂肪酸といいます。

 

コーヒー生豆成分のトリグリセリドを構成する脂肪酸組成は、綿実油の脂肪酸組成に似ているといわれています。

コーヒー生豆脂質中の遊離脂肪酸量は0.5~1.89%で、酸価から求めた含量は1.5~4.2だと言われています。

 

 

この記事は、noteにエントリーしている記事『コーヒー豆に含まれている成分 | コーヒーの成分について』の脂肪酸の項の記事内容と同じ系統の記事です。

下のリンク先ページの記事は、お金を支払って購読して読んで頂くタイプの記事ですが、よろしければ・・・・・。

note.com

 

また、note にエントリーしている『コーヒー豆に含まれている成分 | コーヒーの成分について』の記事は、noteマガジン『年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書/第1集』の中にも収録しています。

こちらも、お金を支払って購読して読んで頂くタイプの記事ですが、よろしければ・・

note.com

 

【自家焙煎コーヒーのコマーシャル】