珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

フレーバープリカーサー

コーヒー生豆には、コーヒーらしい香りが存在していません。コーヒー生豆を焙煎することで、コーヒーらしい香りが作られます。

コーヒーらしい香りの基になる物質は、ショ糖やクロロゲン酸、タンパク質やトリゴネリンなどで、これらの物質をフレーバープリカーサー(フレーバーの前駆体)と呼んでいます。

 

 note にて有料で販売している参考記事

note.com

noteマガジン『年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書』には、10本以上のコーヒー豆焙煎に関する記事を収録しています。

コーヒー生豆に含まれているフレーバープリカーサーは、焙煎コーヒー豆の香味を作り出す成分ですから、これらの記事にしばしば登場します。

販売価格は、時々、変更させて頂いています。

 

note.com

コーヒー豆焙煎中に発生する物理的・化学的反応は、数百に及ぶと言われています。しかし、その大半は完全に解明されていないようです。

コーヒーの香りや風味は、コーヒー豆に含まれるフレーバー前駆体(フレーバープリカーサー)成分が、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応を経験することで作られて行きます。

この記事の販売価格は、時々、変更しています。記事の内容も変更修正することもあります。それがデジタルの良さだと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。

 

2016年2月の発売以来、2020年10月の現在までに数万部を売っている珈琲本です。

年老いた珈琲豆焙煎屋のようなコーヒーのプロはもちろん、化学や物理の研究に従事している学者の人たちも購入して読んでいる珈琲本です。

ちなみに、フレーバープリカーサーはコーヒー焙煎の科学に分類できます。