エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

スペシャリティーコーヒーとは・・・

エカワ珈琲店の独断と偏見で編集整理した珈琲用語集

目次は ⇒珈琲用語(目次/あ~わ)

 

「スペシャリティーコーヒーて何ですか?」と、お客さんから質問されれば、コーヒー生豆の生産農園や生産地域、生産者を特定できるコーヒー豆と答えることにしています。

 

田口護さんと旦部幸博さんの共著「コーヒーおいしさの方程式」から引用させて頂くと・・・

簡単にいうと「素晴らしい風味特性を持った氏素性のはっきりとしたコーヒー」のこと。1980年代に概念を確立し、消費者と生産者の価値観を「量から質へ」と転換させた一大ブームベント。

 

コーヒー おいしさの方程式

コーヒー おいしさの方程式

 

 

日本スペシャリティーコーヒー協会のサイト、スペシャリティーコーヒーの定義のページによると・・・

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

 

2010年代に入って、スペシャリテイーコーヒーの品質競技会で入賞した豆の競争入札などが始まって、スペシャリティーコーヒーの価格が急騰しています。

エカワ珈琲店は、あまりにも価格が急騰してしまったスペシャリティーコーヒーには、全く魅力を感じません。

一定のレベルを維持しているコモディティーコーヒーなら、スペシャリティーコーヒーと同じかそれ以上のレベルの焙煎コーヒー豆に仕上げる自信があります。

スペシャリティー神話ですが、エカワ珈琲店には、もう過去の出来事です。

ekawa.hatenadiary.jp