エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

ドライプロセス(Dry Process)

エカワ珈琲店の独断と偏見で編集整理した珈琲用語集

目次は ⇒珈琲用語(目次/あ~わ)

 

収穫したチェリーの状態でコンクリートやレンガ敷きの乾燥場に広げて日光乾燥するコーヒー豆の精製処理プロセス。

ドライプロセスで精製処理したコーヒー豆は、ウォッシュドで処理されたコーヒーよりも酸味が少なくて、ボディーが重たいのが特徴です。

f:id:ekawa:20171218201050j:plain

ハスク、coffee networ/サハマ農園の写真より引用

乾式精製、ナチュラル、非水洗式、アンウォッシュド、ドライメソッド。

水の便に恵まれないブラジルやエチオピア、イエメンで採用されているコーヒー生豆の精製方法。

 

水を使わない精製方法で、収穫したコーヒーの果実を天日で干して乾燥させます。完全に乾燥すると、パルプ、ミューシレージ、パーチメントがくっついてハスクと呼ばれている厚い殻になって、その殻を割ると中からコーヒーの生豆だけが出てるそうです。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/と

 

ekawa.hatenadiary.jp