江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

焙煎温度と焙煎時間と焙煎プロファイル(ローストプロファイル)

エカワ珈琲店は、小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使してコーヒー豆を焙煎しています。そして、「初めチョロチョロ、中パッパ、パチパチなったら徐々にチョロチョロ」が、小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使してコーヒー豆を焙煎する場合の基本だと考えています。

ですから、エカワ珈琲店の場合の焙煎プロファイル(ローストプロファイル)図とは、「初めチョロチョロ、中パッパ、パチパチなったら徐々にチョロチョロ」をグラフ化した図ということになります。

 

 

f:id:ekawa:20180210195423p:plain

ローティングプロファイル(焙煎プロファイル)

食品の加熱乾燥操作では

食品材料を加熱して乾燥させる時には、その食品材料の熱による劣化度合を考慮する必要があるのだと思います。

食品材料加熱乾燥時の劣化は、食品材料の温度と加熱時間の関数に支配されているのだと思います。ですから、加熱乾燥操作では、低温度長時間乾燥よりも高温度短時間乾燥の方が、優れた品質を得られることがあると言われています。

 

コーヒー豆焙煎操作と乾燥加熱操作の違い  

一方、コーヒー豆の焙煎です。含水率12~14%のくらいのコーヒー生豆を加熱(or焙煎)することで、含水率2%くらいの焙煎コーヒー豆に変身させるわけですが、焙煎の加熱操作と乾燥の加熱操作は、基本的に異なっているのだと思います。

コーヒー生豆やそこに含まれている成分を、コーヒー豆温度と焙煎時間で制御しながら化学的・物理的に変化させて、完成品としての焙煎コーヒー豆を作り上げるプロセスがコーヒー豆の焙煎だと考えています。

 

コーヒー豆自家焙煎店の焙煎プロファイル 

小型生産用コーヒー豆焙煎機を駆使する手づくり焙煎を得意としている年老いた珈琲豆焙煎屋が営むコーヒー豆自家焙煎店には、低温度長時間焙煎も高温度短時間焙煎も似合っていないと考えています。

手づくり焙煎が得意の年老いた珈琲豆焙煎屋が営むコーヒー豆自家焙煎店には、適度な焙煎温度と適度な焙煎時間を手探りするタイプの焙煎が似合っているのだと思います。

ということで、年老いた珈琲豆焙煎屋の考えているコーヒー豆の焙煎と焙煎プロファイル図についてです。

コーヒー豆の焙煎には、焙煎温度と焙煎時間という関数が存在していて、入力する変数が異なれば出力される変数も異なってくるはすです。その変化をグラフ化したのがロースティングプロファイル(焙煎プロファイル)図だと理解しています。

 

参考記事

www.ekawacoffee.work