エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

ダークロースト

f:id:ekawa:20190518204428p:plain

深い焙煎度合いのコーヒー豆。エスプレッソに使うコーヒー豆で、これと言った基準がないみたいです。深煎りの焙煎コーヒー豆。

8段階の焙煎度で表現すると、「フレンチロースト」か「イタリアンロースト」ということで、黒褐色のコーヒー豆を表現しているのだと思います。

何はともあれ、年老いた珈琲豆焙煎屋(エカワ珈琲店)とは、あまり縁の無い煎り具合(焙煎度合)の焙煎コーヒー豆です。

 

   

相当な深煎りの焙煎コーヒー豆  

ウィーンロースト、フレンチロースト、イタリアンローストなどの煎り具合(焙煎度合)の焙煎コーヒー豆をダークローストと表現するのだと思います。

ちなみに、我がエカワ珈琲店のアイスコーヒー(深煎りのブレンド/混合焙煎しています)は、ウィーンローストの始まりか少し手前くらいの煎り具合(焙煎度合)です。

 

ウィーンロースト

二ハゼが始まってから終わるまでの間の真ん中あたりの煎り具合です。

ウィーンローストは、相当に濃い茶色で、焙煎コーヒー豆の表面にコーヒーオイルが到達しています。(焙煎コーヒー豆の表面は、コーヒーオイルに覆われ始めています)

この煎り具合の焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れると、酸味をあまり感じなくてカラメル風味の甘味を感じるコーヒーが出来上がると言われています。

 

フレンチローストとイタリアンロースト

フレンチローストは2ハゼが終了したあたりの煎り具合で、それよりも煎り具合が進行しているのがイタリアンローストです。

フレンチローストの煎り具合の焙煎コーヒー豆は、焦げて黒くなっていて、コーヒーオイルが焙煎コーヒー豆の表面を完全に覆っています。この煎り具合よりも焙煎が進行しているのがイタリアンローストです。

この煎り具合の焙煎コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れると、苦味だけが強くて酸味とボディーのほとんど存在しないコーヒーが出来上がるとされています。

 

素材を活かす焙煎と新しい香味を作り出す焙煎 

フレンチロースト、イタリアンローストの煎り具合では、コーヒー生豆由来の香りや風味は無くなっています。

フレンチロースト、イタリアンローストになると、「焙煎の進行=コーヒー豆の繊維部分が焦げる」状態になっていて、その焦げによって、コーヒー豆が本来持っている香味が覆い隠されてしまいます。

ダークロースト以前の煎り具合(焙煎度合)は、素材を活かしてコーヒー本来の香味を作り出す焙煎だとすると、ダークローストの煎り具合は、全く新しい香味を作り出す焙煎だとエカワ珈琲店は考えています。

 

目次へのリンク

ekawacoffee.hateblo.jp

 

ekawacoffee.hateblo.jp