江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

RTDコーヒー、レディートゥドリンクコーヒー

Wikipedia/レディートゥドリンク(RTD)曰く

レディ・トゥ・ドリンク(英語: Ready To Drink、RTD)は広義には購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料のことを言う。 お茶やコーヒー系飲料、カクテル、粉末状ドリンク、プロテイン飲料、ヨーグルト飲料、スムージーなど従来飲むために何かしらの手間が必要だった商品と区別する意味で用いられ、既にパッケージ内で出来上がっていてすぐ飲めることを表している。

レディートゥドリンク(RTD)とは、購入後、ふたを開けてそのまま飲める飲料のことで、その代表が、缶やペットボトル入り飲料と呼んでいるのだと思います。

 

[:contents]
RTD(レディートゥドリンク)コーヒーとは 

缶コーヒーやペットボトル入りコーヒーや紙パック入りコーヒーなどが、RTDコーヒーと呼ばれている蓋を開ければすぐ飲めるコーヒーだと理解しています。

お茶・コーヒーや清涼飲料、缶ビール等々、数多くのRTD(レディートゥドリンク)が、食品スーパーやコンビニエンスストアーの店内で販売されていて、最近は淹れたてコンビニコーヒーに押さて元気がありませんが、街角の自動販売機でも売られています。

かつて、街角の自動販売機で購入する缶コーヒーは、RTDコーヒーの代表選手のような存在でした。

缶コーヒーやペットボトルコーヒーと言ったRTDコーヒーですが、日本では淹れたてコンビニコーヒーに押され気味ですが、欧米ではすぐ飲めるコーヒーを求めている消費者が増えているということで、RTD(レディートゥドリンク)コーヒーの人気が高まりつつあるという話も聞こえてきます。

 ちなみに、RTDコーヒーと言う言葉を聞いて、年老いた珈琲豆焙煎屋の頭に浮かんでくるのはサントリーのクラフトボスです。

 

欧米で成長しているRTDコーヒー市場

RTDコーヒーは、欧米で今一番急速に成長を続けているノンアルコール飲料カテゴリーの1つだと言われています。欧米では、RTDコーヒーのブランド競争がし烈になって来ているという話も聞こえてきます。

欧米の家庭用コーヒー市場で成長が期待されているのが、コールドブリューコーヒーやドラフトコーヒーなど、冷やして飲むタイプのRTDコーヒーです。欧米の家庭用コーヒー市場で、今後、一番成長が期待できるカテゴリーだと予想されているようです。

日本でも、近い将来、コールドブリューコーヒーやドラフトコーヒーのRTD(レディートゥドリンク)が食品スーパーやコンビニエンスストアーの商品棚に並ぶのも時間の問題かもしれません。

 

RTDコーヒーの本家

RTDコーヒーの本家は日本です。日本では、RTDコーヒー(缶コーヒーやペットボトル入りコーヒー)は、街のあちらこちらの自動販売機やコンビニエンスストアー・食品スーパーで売られています。

1980年代~2000年代の日本、街で飲むコーヒー需要は、喫茶店から自動販売機やコンビニ・食品スーパーで購入するRTDコーヒーに流れて行ったと考えられます。

1980年に店舗数10数万店を数えた日本の喫茶店は、RTDコーヒー(自動販売機で購入する缶コーヒー)の普及に反比例するように店舗数を減らして行ったわけですから。