珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

コーヒーベリーボーラー/Coffee Berry Borer

コーヒーの害虫であるベリーボーラーは、成熟し始めた果実に侵入して産卵します。そして、ふ化した幼虫は種子を食べて成長します。

ボーラーとは穴堀りのことで、ベリーボーラーは果実の穴掘り虫(甲虫類)を意味しているのだと思います。

 

f:id:ekawa:20150228094354j:plain

 

コーヒーベリーボーラーは、コーヒー生産者にとって、最も重要な害虫問題の一つです。コーヒーチェリーに孔をあける、体長2ミリメートルくらいの甲虫類です。スペイン語では、「Broca」と呼んでいます。

 

コーヒーベリーボーラーは、中央アフリカ(アンゴラ)で棲息していた害虫だと言われていますが、コーヒーノキの栽培が世界中に拡大するのにあわせて、世界中のコーヒー生産地で発生しています。

 

1920年代には、中央アフリカ以外のアフリカに、1926年にはブラジルで発生しています。

1970年代にはグァテマラ、1980年代後半にはコロンビア、1990年代にはドミニカ、2010年前後にはハワイで発生しています。

 

コーヒーは、コーヒーノキに成るコーヒーの果実の種子から取り出す、世界中で最も幅広く取引されている農産物です。熱帯地域に位置する数十か国以上の国々で、主要な現金作物として生産されています。

コーヒーは農産物ですから、その栽培生産の一番の障害となるのは、コーヒーノキやコーヒー果実に寄って来る、あるいは棲息している有害な害虫や植物です。

 

そこで、有害な害虫や植物を駆除する必要があります。

有害な害虫や植物の中で、一番コーヒー果実の生育を妨げるのが、コーヒー果実の中に侵入して種子を食べてしまうコーヒーベリーボーラーと呼ばれる害虫たちです。

現在(2018年)では、コーヒー果実の内部に侵入して来るベリーボーラーを駆除する方法として、特別な殺虫剤が使用されています。

 

コーヒーベリーボーラーは、ほぼすべてのコーヒー栽培国で問題となっているコーヒーの天敵です。

コーヒーベリーボーラーの発生は、コーヒー豆の収穫量を少なくします。また、コーヒー果実の品質を悪くするので、当然、コーヒー種子(コーヒー豆)の品質を悪くします。以上のような理由から、コーヒー農家の生計に悪影響をもたらします。

 

コーヒーベリーボーラ対策として、地面に落ちて腐敗したコーヒー果実を完全に排除する方法や特別な殺虫剤を使用する方法などが考えられているようです。