コーヒーおたくの老人が発信するもう一つの珈琲情報専門ブログ

「年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語」

 

コーヒー生豆の品質、良質のコーヒー生豆が原料の焙煎コーヒー豆は美味

スペシャリティーコーヒーは、2000年代に注目が集まり始めて、2010年代の10年間で大きく成長しています。 どの国のどの地方のどこの農場で生産されたコーヒー生豆、自然保護団体やフェアトレード団体の認証を受けているコーヒー生豆、カッピング審…

コーヒーの美味しさと味

コーヒーの味は、コーヒー生豆の品質、コーヒー豆焙煎テクニック、焙煎コーヒー豆の挽き方・挽き具合、コーヒーを淹れるテクニック、その4つが揃っていて初めて美味しい1杯のコーヒーが出来上がります。 どれだけ高品質のスペシャリティーコーヒーを原料に…

もうひとつの珈琲専門ブログ【年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲物語】の案内です。

このブログ珈琲資料室 | エカワ珈琲店」は、年老いた珈琲豆焙煎屋が記事をエントリーして、管理・運営している珈琲専門ブログですが、エントリーしている記事の更新・点検・書き換えはほとんどしていません。 年老いた珈琲豆焙煎屋の「珈琲に関するウンチク…

2000年~2010年頃版簡単な珈琲用語集【その5】

【目次】 (1)香味 (2)カッピング(Cupping)/カップテスト、テイスティング (3)ウォータープロセス/Water Process (4)アフターテイスト(Aftertaste) (5)アロマ(Aroma) (6)香気成分 (7)グレード/Grade (8)銀皮、シルバースキン (1)香味 Fravor/フ…

2000年~2010年頃版簡単な珈琲用語集【その4】

【目次】 (1)カーワ/qahwah (2)カラメルorカラメライズ(Caramelized) (3)カフェオール/Caffeol (コーヒーのオイル) (4)クレオソティ/Creosoty (5)グラッシー(Grassy) (6)クエーカリー/Quakery (7)エンタルピー (8)フレーバー、風味(ふうみ) (9)…

【アマゾン】お試し自家焙煎コーヒー豆セット | 100g袋×3銘柄(合計300g) | ネコポス便でお届け

焙煎コーヒー豆の挽き具合は、コーヒーの淹れ焙煎コーヒー豆の挽き具合は、コーヒーの淹れ方に影響を与える最初のステップです。 焙煎コーヒー豆の煎り加減やコーヒーを淹れるのに使う器具によって、挽き方(挽き具合)が変わってきます。方に影響を与える最初…

2000年~2010年頃版簡単な珈琲用語集【その3】

【目次】 (1)ブン (2)包装 (3)包装方法 (4)ボールドグレーン (5)フラット(Flat) (6) ファーメンテーション(Fermentation) (7)ファーメンティド(Fermented) (8)スイス・ウォーター・プロセス(Swiss Water Process) (9)コマーシャルコーヒー | Commer…

2000年~2010年頃版簡単な珈琲用語集【その2】

【目次】 (1)クーリングトレー/Cooling Tray (2)コーヒーフレーバーホイール (3)デカフェコーヒー、カフェインレスコーヒー、 (4)乾燥 (5)スクリーン (6)有効成分の抽出 (7)有機酸 (8)パウ (9)ハード(Hard) (10)ハラー(Harrar) (11)フルーティ…

2000年~2010年頃版簡単な珈琲用語集【その1】

【目次】 (1)モカ香 (2)ロースター (3)粒形 (4)粒度 (5)モカ・マタリ (6)ロット (7)リパーゼ (8)ロングベリー (9)ロングトップ (11)ロースティング・ロス (12)ハイディ(Hidy) (13)ハリング(Hulling) (14)メラノイジン (15)パーストクロビ…

【アマゾン好評販売中】お試し焙煎コーヒー豆セット|100g×3銘柄 and100g×6銘柄

単品焙煎(アフターミックス焙煎)は、それぞれのコーヒー生豆に適した焙煎方法で、別々に焙煎した後、その焙煎したコーヒー豆をブレンドする方法です。 日本の自家焙煎店では、この方法が主流です。

一杯のコーヒーの淹れ方 | コーヒーの抽出、コーヒーの醸造

一杯のコーヒーを淹れるのには、まず、焙煎したコーヒー豆を粉か顆粒に挽く必要があります。 そして、挽いたコーヒー粉を使ってコーヒーを淹れる方法として、様々な淹れ方が知られています。 どの方法でコーヒーを淹れるかについては、風味・香味を優先する…

抽出、コーヒーの抽出/Coffee extraction

焙煎したコーヒー豆を粉砕して、その粉に含まれているコーヒーの成分を水に溶解させる操作が、コーヒーの抽だと年老いた珈琲豆焙煎屋は理解しています。 原料に含まれている成分を、水などの溶媒を使って原料から分離する操作が抽出です。 粉砕したコーヒー…

プレミックス焙煎(混合焙煎)

ヨーロッパやアメリカでは、おそらく日本でもそうなのだと思いますが、中型や大型のコーヒー豆焙煎機でコーヒー豆を焙煎する場合、何種類かの銘柄のコーヒー生豆を焙煎前に混ぜ合わせて、それを何日間か保管して、混ぜ合わせたコーヒー生豆を、お互いに水分…

アフターミックス焙煎(単品焙煎)

それぞれのコーヒー生豆に適した焙煎方法で、別々に焙煎した後、その焙煎したコーヒー豆を何銘柄か使ってブレンドする方法を単品焙煎(アフターミックス焙煎)と呼んでいます。

ブレンドコーヒー | 焙煎コーヒー豆のブレンド

焙煎したコーヒー豆を配合すること。混ぜ合わせること。 2種類以上のコーヒー豆を生豆の段階で配合して、一緒に焙煎するプレミックス焙煎(混合焙煎)によるブレンド方法と、幾つかの銘柄の焙煎したコーヒー豆を配合するアフターミックス焙煎(単品焙煎)による…