珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

カウェオール

カフェストールとカウェオール、どちらも、炭化水素の一種であるジテルペン類(ジテルペンアルコール類)で、水に不溶、脂溶性のコーヒー脂質です。

カフェストールとカウェオールの違いは、カウェオールの化学式が、カフェストールの化学式よりも2重結合が1つ多くなっているだけのようです。  

 

カフェストールとカウェオールですが、コーヒー脂質不ケン化物の大部分を占め、そのほとんどが脂肪酸とエステルを形成しています。

カフェストールのほとんどはパルミチン酸とエステルを形成しているのですが、カウェオールはいろいろな脂肪酸とエステルを形成しています。

f:id:ekawa:20150109210410j:plain

f:id:ekawa:20150109210439j:plain

  

アラビカ種のコーヒー生豆には、カフェストールとカウェオールの両方が含まれています。

しかし、ロブスタ種のコーヒー生豆には、カフェストールがアラビカ種の半分くらい含まれているだけで、カウェオールはほとんど含まれていません。

 

しかし、ロブスタ種のコーヒー生豆には、カフェストールがアラビカ種の半分くらい含まれているだけで、カウェオールはほとんど含まれていません。

アラビカ種のコーヒー生豆には、カフェストールとカウェオールが、コーヒー生豆重量の1~1.3%くらい含まれています。

 

1980年代の後半、フィルターでろ過されていないコーヒーを飲むと、その人のコルステロール値が上昇することがわかりました。

そして、その原因が、カウェオールとカフェストールにあることが判明しました。

 

この記事の続きは、noteにて有料で販売しています。

    ↓↓↓

note.mu