珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

焙煎コーヒー粉の使用量

コーヒー1杯あたりの焙煎コーヒー粉の使用量は、一度に淹れる杯数や飲み方によって変わって来ると思いますが、メジャースプーン1杯(約10g)~2杯弱(約18g)くらいが適量だと考えています。

 

【目次】

 

(1)焙煎コーヒー粉の分量(使用量)は・・・

同じ焙煎コーヒー豆で粉砕した焙煎コーヒー粉でも、使用する分量が異なれば、コーヒーの味覚も違ってくるのだと思います。

また、焙煎コーヒー豆の煎り具合や粉砕の程度(挽き具合)、飲み方や飲む人の好みの違いによっても、コーヒーを淹れるのに使用する焙煎コーヒー粉の分量を変える必要があるのだと思います。

 

(2)挽き具合が違えば、焙煎コーヒー粉の分量が変わります

焙煎コーヒー豆の挽き方には、大きく分けて「粗びき」・「中挽き」・「細挽き」の3種類があるのだと思います。

コーヒー豆を細かく粉砕すると、お湯と接触する表面積が大きくなって、コーヒー成分の抽出が容易になるので、焙煎コーヒー粉の量が多ければ抽出過剰のコーヒーが出来上がる確率が高くなるのだと思います。

反対に、粗挽きにした焙煎コーヒー粉の場合、使用する焙煎コーヒー粉の量が少なすぎると、抽出不足で、香りやコクの不十分な水ぽいコーヒーになる可能性が高くなると考えています。

 

デロンギ うす式 コーヒーグラインダー KG79J

デロンギ うす式 コーヒーグラインダー KG79J

 

 

(3)飲み方によって、焙煎コーヒー粉の分量が変わります

例えば、ミルクコーヒーですが、濃厚なミルクコーヒーが好みなら、焙煎コーヒー粉の使用量を多く使って(通常の1.5倍くらい)、使用するお湯は少なめにして淹れた濃いコーヒーを使うのが一般的だと思います。

ちなみに、ミルクコーヒーを作る時のコーヒーと牛乳の割合は、半々くらいが適当だとされています。

軽めのコーヒーが好みなら、焙煎コーヒー粉の使用量を少なくすれば、アメリカンコーヒータイプのコーヒーが出来上がるはずです。

 

(4)煎り具合によって、焙煎コーヒー粉の重量が異なります

コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆に含まれている水分が蒸発するので重量が軽くなります。また、蒸発するときの圧力によってコーヒー豆が膨らんで体積が増加します。

ですから、同じメジャースプーン1杯であっても、深煎りの焙煎コーヒー豆よりも浅煎りの焙煎コーヒー豆の方が重くなります。

 

カリタ 銅メジャーカップ(1杯 10g) #44001

カリタ 銅メジャーカップ(1杯 10g) #44001

 

 

(5)ペーパーフィルターでコーヒーを淹れる時の、焙煎コーヒー粉使用量の目安(エカワ珈琲店の場合)

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆を使って、ペーパーフィルターでコーヒーを淹れる時の、コーヒー粉使用量と「蒸らし」に使うお湯の量の目安です。

挽き具合は、粗びきにしています。

 

★1杯(120~150㏄)の場合

焙煎コーヒー粉の使用量は約15~約20g(メジャースプーン1杯半~2杯)。抽出時間は2分~3分。

★2杯(240~300㏄)

焙煎コーヒー粉の使用量は約25~約30g(メジャースプーン2杯~2杯半)。抽出時間は約3分。

★3杯(350~450㏄)

焙煎コーヒー粉の使用量は約30~約35g(メジャースプーン3杯~3杯半)。抽出時間は3分~4分。

★4杯(500~550㏄)

焙煎コーヒー粉の使用量は約40g(メジャースプーン4杯)。抽出時間は4分~5分。