珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

コーヒー生豆の処理工程

 

   

コーヒーの果実とそれらの種子は、一般的に知られている焙煎されたコーヒー豆になるまでに、幾つかの処理工程を経験しています。 

コーヒーの果実を摘み取る作業ですが、労働集約型の手作業による収穫方法と機械などを使って効率的に収穫する方法が知られています。 

 

収穫したコーヒーの果実からコーヒー豆を取り出す工程を、コーヒー豆の精製と呼びます。

コーヒー豆の精製方法として一般的に知られているのは、ドライ・プロセス法(乾燥式/アン・ウォッシュド)とウェット・プロセス法(水洗式/ウォッシュド)の2種類の精製方法です。 

 
ドライ・プロセス法は、水洗処理工程が無いので作業自体は単純で、天候や管理がよければ、円熟した良質のコーヒー豆が出来上がります。
ウェット・プロセス法は、精製処理に発酵工程(水洗処理工程)を取り入れることで、マイルドなコーヒーを作り出します。


  f:id:ekawa:20140727124224j:plain

 

 有料記事、Note にて好評販売中!!

エカワ珈琲店は、これまで蓄積して来た経験(スキル)・知識・技術を読める化して、有料記事(デジタル)として販売しています。

ご購入して頂ければ幸いです。

コーヒー生豆の生産

note.mu

エカワ珈琲店版、珈琲入門【3】コーヒー生豆の精製と出荷

note.mu

エカワ珈琲店が運営・管理しているブログ

エカワ珈琲店のブログ

珈琲商売とフードビジネス

和歌山探訪

After60