珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

アロマ(Aroma)

抽出したコーヒーから立ち上がる芳香。

コーヒーの香り。コーヒーの品質のうち、最も重要な要素となっています。

酸・アルコール・アルデヒド・ケトン・硫黄化合物・フェノール・窒素化合物など焙煎時の熱によって発生する無数の揮発性成分によって構成されています。

 

珈琲こだわり座談集―カフェ・ド・ランブル

珈琲こだわり座談集―カフェ・ド・ランブル

 

 

世界で栽培されている2つの主要なコーヒーの種は、アラビカ種とロブスタ種です。

アラビカ種とロブスタ種は、抽出したコーヒーから立ち上がる香り(アロマ/Aroma)によって簡単に識別することができます。

 

一般的にロブスタ種は、強烈な激しい匂いを持っているとされています。

それが、カップコーヒーに強烈な芳香をもたらしています。

ロブスタ種は強烈な香りを、アラビカ種は繊細で純粋な優しい香りを持っています。

 

アラビカ種の香りは、洗練された柔らかい香りです。

アラビカ種は、優しくて繊細な酸味を持つ甘酸っぱいフルーティーな香りをもたらしてくれます。

そして、また、非常に心地の良いバランスの取れたアロマを作り出してくれます。