インドネシア

2011年度国別コーヒー豆生産量は、ブラジル、ベトナムについで世界第3位。

日本コーヒー豆輸入量ランキングは、1位がブラジル、2位がコロンビア、3位がインドネシアとなっています。

 

インドネシアは、赤道を中心に1万3000以上の島からなる世界最大の群島国家で、首都はジャワ島のジャカルタです。

1686年、オランダ人がインドからアラビカ種のコーヒーを移植して、インドネシアでのコーヒーの栽培が始まりました。

 

インドネシアのコーヒー栽培は、19世紀にさび病の被害を受けて壊滅したのですが、20世紀になって病虫害に強いロブスタ種のコーヒーが導入されて蘇りました。

インドネシアのロブスタ種WIBは、水洗式で精製処理されていて、ロブスタ種では世界随一の品質を誇っています。

 

スマトラ島やスラウェシ島のマンデリンやカロシは、高級アラビカコーヒーとして名前が知られています。

営農形態は小農家が大多数で、エステート(農園)は少数です。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/い