珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳(無料版)

 
 
珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

エカワ珈琲店流、独学のためのコーヒー豆自家焙煎練習方法

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

エカワ珈琲店は、20数年のコーヒー豆自家焙煎歴を持っています。

その経験を基にして、コーヒー豆の自家焙煎を開始した頃の『エカワ珈琲店流コーヒー豆焙煎の練習方法』を書き留めて置くことにします。

参考までに、エカワ珈琲店が使用している生産用のコーヒー豆焙煎機は、富士珈機(フジローヤル)の直火式小型焙煎機(容量5kg)です。

f:id:ekawa:20150602210756j:plain

 

 

(1)プロローグ

自家焙煎コーヒー豆小売歴約30年の経験から、コーヒー豆自家焙煎店で販売する焙煎コーヒー豆は、お客さんに美味しいと感じて頂けなければ売れないわけですが、もし、お客さんに美味しいと感じて頂けたとしても、それだけでは売れるはずが無いということも知っています。

 

お客さんが、エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆で淹れたコーヒーは美味しいと感じてくれていたとしても、貰った焙煎コーヒー豆やエカワ珈琲店以外のお店で購入した焙煎コーヒー豆が残っていれば、それが無くなるまでエカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆を買いに来てくれないかもしれません。

 

ということで、美味しさや品質・鮮度にこだわるだけでは、コーヒー豆自家焙煎店のコーヒー豆は売れないと思いますが、美味しさや品質・鮮度にこだわらなければ売れるはずがないと考えています。

 

コーヒー豆の自家焙煎店を営むのなら、ある程度の人数(最低限、店主家族を食べさせてくれる人数)のお客様に気に入って頂ける焙煎コーヒー豆を提供する必要があるのだと思います。

 

「美味しさ」の感じ方は人様々ですが、少なくとも、コーヒー豆を焙煎している自分たちが美味しいと感じることが絶対必要条件なのだと思います。

自分たちが美味しいと感じないならば、経験から、どのような理由があったとしても、お客様に(有料であっても、無料であっても)提供してはダメだと思っています。

 

この記事の続きは、note にて有料で販売しています。

 ↓↓↓

note.mu