珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳

ボイリング法

コーヒーの抽出原理で言うと、『煮出し法』による抽出方法。1930年頃までは、コーヒーを淹れる主要な方法だったと考えられます。

『煮出し法』ですが、コーヒーの抽出原理が「浸漬法」と「透過法」の2種類だとする考え方の場合、「浸漬法」に区分される抽出方法なのだと思います。

(参考)Coffee preparation - Wikipedia 

カリタ イブリック300 #52186

カリタ イブリック300 #52186

 

 

最も簡単な方法は、焙煎コーヒー粉をカップに入れて、その上にお湯を注いで、焙煎コーヒー粉がカップの底に沈んでから、その上の液体の部分をすする方法でだとされています。

 

1710年頃、フランスで考案されたボイリング法の淹れ方は、厚めの手鍋に水を入れて沸騰させ、その手鍋にコーヒーの粉を入れて煮沸して、一定の時間浸した後、ドリップと同じ要領で、フィルターで濾過する淹れ方だとされています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/ほ