珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

初めチョロチョロ、中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて

 

   

お米を炊くときの火加減、その基本は、「初めチョロチョロ、中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて」だと言われています。

コーヒー豆自家焙煎店のコーヒー豆を煎る時の加熱も、その基本は、「初めチョロチョロ、中パッパ、パチパチ鳴ったら徐々にチョロチョロ」なのだと思います。

 

アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 銘柄炊き 5.5合 RC-MA50-B

アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 銘柄炊き 5.5合 RC-MA50-B

 

  

初めチョロチョロ

最初に鍋全体を弱火で温めることでお米にムラなく水分を吸収させます。

コーヒー豆の場合は、「蒸らす」ことで、コーヒー豆をムラなく温めます。そして、ゆっくりと弱火でコーヒー豆を温めます。

(※)コーヒー豆焙煎の弱火・強火ですが、エカワ珈琲店の場合、排気ダンパーで操作しています。(フライパン焙煎の場合は、ガス焜炉とフライパンの距離で調整しています。)

 

中パッパ

強火にして沸騰させます(お米の場合)

強火でコーヒー豆への熱吸収量を増やします。

 

ジュウジュウ吹いたら火を引いて(お米)/パチパチ鳴ったら再びちょろちょろ(コーヒー)

沸騰をしたら火を少しずつ弱め、沸騰を維持したまま炊き上げます。

パチパチとコーヒー豆がハゼたなら、徐々に熱の供給量を減らして行き、任意のポイントで焙煎を終了します。

 

遠藤商事 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎りBGV08

遠藤商事 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎りBGV08