珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

コーヒーを淹れる(造る)

 

   

コーヒーを淹れる(造る)ためには、焙煎したコーヒー豆を粉に挽く必要があります。 

そして、挽いたコーヒー粉を使ってコーヒーを淹れる(作る)方法として、数多くの方法が知られています。 

どの方法でコーヒーを淹れる(造る)かについては、風味・香味を優先するか、経済性を優先するか等、色々なことが関係してきます。

 

 
コーヒーの淹れ方(造り方)ですが、煮沸・浸漬・圧力を利用する淹れ方が知られています。
ボイリング(煮沸)によるコーヒーの淹れ方は、一番古くから知られているコーヒーの淹れ方です。
ターキッシュコーヒー(トルココーヒー)が、その代表です。
 
パーコレーターや全自動のコーヒーマシーン(orコーヒーメーカー)は、コーヒーを淹れる(造る)のに重力の力を利用します。

フレンチプレスは、プランジャー(orメリオール)とも呼ばれているプレス式のコーヒー抽出器具で、コーヒーの粉を湯に浸漬させてコーヒーの成分を抽出します。

 

熱く加圧した水蒸気がコーヒーの粉を通過することで、急速にコーヒーの成分を抽出するのがエスプレッソコーヒーです。
エスプレッソコーヒーの他に蒸気圧を使って淹れる(造る)コーヒーに、モカポットを使って淹れる(造る)コーヒーやサイフォンを使って淹れる(造る)コーヒーがあります。
 
コールドコーヒーは、冷たい水を使って、数時間かけて、コーヒーの粉を浸漬・ろ過して造ります。