珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

イエメン

 

   

イエメン共和国は、紅海に沿った西岸低地、西部山岳地帯、国土を南北に走る中央高原地帯、東部の砂漠・丘陵地帯で構成されていて、西部山岳地帯・中央高原地帯でコーヒーが栽培されています。

 

国が砂漠地帯に位置するため、農業は盛んではありません。

コーヒー生産は、主に首都のあるサヌア州、ホデイダ州、タイズ州の山岳地帯で行われています。

 

イエメンの首都サヌア(標高2360メートル)の西方バニマタル地区、半島南端の山岳地帯(標高900~1800メートル)の段々畑で栽培されるモカ・マタリは、世界最高級コーヒーの1つに数えられます。

モカコーヒーの名はイエメンの南西岸、紅海に面する小さな港町の名前に由来します。

 

モカコーヒーは、18世紀頃から世界の注目を集めるようになって、積み出し港のモカ港とともに、その名前が世界中に知れ渡るようになりました。

 

 珈琲用語(目次) 珈琲用語/い