香り(アロマ)

コーヒーの品質で、最も重要な要素。

コーヒーの香りは、コーヒー生豆の成分が焙煎によって分解したり、分解して新たに出現した成分同士が反応したりして生成します。

 

「コーヒーの香り」という言葉は、淹れたコーヒーの香り(鼻で感じる匂い)を表現している言葉なのだと思います。

「コーヒーの香り」は、コーヒーの風味と密接な関係にあるのだと思います。

甘味、酸味、苦味、塩味といった基本味は、「香り」が存在することで、より鮮明に感じることができるのだと思います。

 

コーヒーの香りは、焙煎直後のコーヒー豆にたくさん含まれていて、焙煎加工してから時間が経過するに従って減少して行きます。

その焙煎直後のコーヒーの香りを、できるだけ長期間保持する方法が研究されていますが、なかなか良い方法が見当たらないようです。(絶対零度での保存は別として)

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/か