珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

コーヒーの成分

 

   

たんぱく質・炭水化物・脂質という3大栄養素以外で、コーヒーに含まれている成分について幾つか書き出してみます。 

カフェイン もうドーピングなどとはいわせない

カフェイン もうドーピングなどとはいわせない

 

 

 

コーヒーに含まれている成分で一番有名なのが、カフェインなのだと思います。

 

f:id:ekawa:20150105162324j:plain

【カフェイン】

 

コーヒー生豆の中にカフェインよりも多く含まれているのがクロロゲン酸で、コーヒー生豆に約10%含まれているとされています。

 

f:id:ekawa:20150105163054j:plain

【クロロゲン酸】

 

 

コーヒーの香り成分で、もっとも量的に多いのがコーヒー酸由来の香り成分なのだと思います。

 

f:id:ekawa:20150105163308j:plain

【コーヒー酸】

 

ビリジン系のアルカロイドであるトリゴネリンがコーヒー生豆に含まれています。

トリゴネリンは焙煎による加熱で、褐色色素となったりニコチン酸になったりします。

 

f:id:ekawa:20150105163615j:plain

【トリゴネリン】

f:id:ekawa:20150105163712j:plain

【ニコチン酸】