珈琲コンパス

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

缶コーヒー、瓶詰めコーヒー、自動販売機、

缶コーヒーは、長年に渡って中国、日本、韓国、台湾などのアジアの国々で人気を保っていて、バラエティーに富んだフレーバーを持つ缶コーヒーが、自動販売機で売られています。 

普通に淹れたレギュラーコーヒーと同様に、ホットorアイス(コールド)の両方を楽しむこともできます。 

 

日本のコンビニエンスストアーや食品スーパーでは、瓶詰めコーヒードリンクの利用可能性に注目しています。 

瓶詰めコーヒードリンクは、一般的に、少し糖を加えて、そして、あらかじめミルクをブレンドしています。 

また、アメリカでも、瓶詰めコーヒードリンクの消費が伸びています。 

 

濃縮した液体コーヒーは、何千人もの人たちが利用する大規模施設の自動販売機(マシーン)で使われています。 

濃縮した液体コーヒーを利用したコーヒー飲料は、低品質のロブスタコーヒーと同じくらいのフレーバーを持っていると評価されています。 

 

コストは、1カップ10セントくらいです。 

一般的なマシーン(自動販売機)は、1時間に500カップまで処理することができます。 

熱い湯をとぎれることなく供給することができれば、、1時間で1000カップ処理することも可能です。 
  
【ネタ元】 
coffee/From Wikipedia, the free encyclopedia