江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

香気成分/Aroma compound

焙煎したコーヒー豆の香りを作っている成分。

焙煎コーヒー豆の芳香化合物。Aroma compound。

コーヒー生豆を焙煎加熱することで、数百種類といわれている香気成分が生成されますが、単独でコーヒーの香りを表現できる成分は見つかっていないということです。

 

コーヒーの香りは、食感や舌で感じる甘味、塩味、苦味、酸味などと関係していると考えられています。

それゆえに、コーヒーの香りは、スペシャリティーコーヒーの重要な要件だとされています。

 

インスタントコーヒーであっても、私たちの味雷を刺激する成分を持っているといわれています。

しかし、インスタントコーヒーは、煎りたての焙煎コーヒー豆と違って、揮発性の香気成分の大部分が減少・不足しているのだと思います。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/こ

珈琲用語/あ