珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

浸漬法(シンシ法)/Steeping

浸漬法(シンシ法)/Steepingとは、お湯と粉を一緒に混ぜ合わせて、ある時間が経過してからろ過するコーヒーの淹れ方(抽出方法)。

コーヒー豆を焙煎・粉砕・煮出す過程で、独特の苦味と香りを求める抽出方法(コーヒーの淹れ方)です。

サイフォン・パーコレーター・などが、この方式の器具です。

 

浸漬(シンシ)とは、液体に浸すこと、あるいは、液体に浸して漬(そめ)ていくことなのだそうです。

19世紀の始めごろ、透過法によるフランスのドリップポットに対して、イギリスでは、浸漬法によるコーヒービギンが登場しました。

そして、ドリップポットが透過法の、コーヒービギンが浸漬法の代表的な器具となって、それぞれの道を歩んで来たのかもしれません。

 

現在、よく使われている浸漬法でコーヒーを淹れる方法は、フレンチプレス、コーヒーバッグ、サイフォンを使って淹れる方法です。

 

 

アマゾンで販売されている浸漬法で抽出するコーヒー器具を幾つか紹介させて頂きます。 

 

浸漬法と言えば、年老いた珈琲豆焙煎屋の世代はサイフォンコーヒーです。

 

若い人たちの間では、コールドブリューコーヒーが流行っているようですが。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋の若かりし頃、まだパーコレーターでコーヒーを淹れている人がいました。現在は、キャンプ用品となっているようですが。

 

煮だし法(ボイリング法)の抽出器具で有名なのがトルココーヒー用イブリックです。 

カリタ Kalita コーヒー イブリック300 #52186

カリタ Kalita コーヒー イブリック300 #52186

  • メディア: ホーム&キッチン