珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

浅煎り

コーヒーの焙煎過程は、大きく「浅煎り」・「中煎り」・「深煎り」の3つの焙煎度に分類することができます。

焙煎度が「浅煎り」の場合、色はライトブラウンで酸味を感じます。

 

コーヒー生豆は、焙煎の進行によって、その色が変化して行きます。そして、色が変化するのと平行して香りと味も変化して行きます。

コーヒー豆の色、香り、味の調和によって、焙煎度特有の香味が出来上がるのだと思います。 

 

大きく「浅煎り」・「中煎り」・「深煎り」の3つの焙煎度に分類した場合、「浅煎り」は、色がライトブラウンで酸味を感じせるコーヒー、「深煎り」は、色がダークブラウンで苦味が強いコーヒー、「中煎り」がその中間ということになるのだと思います。

 

 珈琲用語(目次) 珈琲用語/あ