珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

コーヒー豆の焙煎を簡単に表現すると

コーヒー生豆の化学的・物理的な特性を、焙煎コーヒー豆特有の化学的・物理的な特性に変換させるのが焙煎という作業なのだと思います。

コーヒー豆の焙煎とは、コーヒー生豆に熱を加えて膨らませて、コーヒー独特の風味を作り出す作業なのだとエカワ珈琲店は考えています。 

 

f:id:ekawa:20160404200530j:plain 

加熱によって、コーヒー生豆の密度を変化させて化学的な成分変化を引き起こして、コーヒー豆の色・味・香りを変化させます。

コーヒー生豆には、焙煎したコーヒー豆と同じように、酸・タンパク質・カフェインが含まれています。しかし、香味がありません。

 

コーヒー生豆に熱を加えることで、メイラード反応・カラメル化反応などの化学反応が発生すると考えられています。

それらの化学反応によって、コーヒー独特の色・味・香り・風味が作り出されているのだと思います。

 

焙煎について、ある程度詳しく記述している「エカワ珈琲店のブログ」内の記事

以下の記事は、note にて有料で販売している記事です。「珈琲手帳」では記事の一部分のみを掲載しています。

エカワ珈琲店の焙煎教室(1)

エカワ珈琲店の焙煎教室(2)

エカワ珈琲店の焙煎教室(3)

エカワ珈琲店流、独学のためのコーヒー豆自家焙煎練習方法

お金になる焙煎方法/コーヒー豆焙煎(コーヒーロースティング)のコツ

コーヒー豆焙煎のエクササイズ

エカワ珈琲店が考える、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応

 

銀座で珈琲50年―カフェ・ド・ランブル

銀座で珈琲50年―カフェ・ド・ランブル

 

  【参考までに】

 「銀座で珈琲50年」は初版本を蔵書しています。「珈琲の焙煎と抽出法」は蔵書していません。

購入したいと考えているのですが、最近、年齢が影響しているのだと思うのですが、活字本が読みにくくなっていて、読書量も減少しているので、まだ購入していません。

珈琲の焙煎と抽出法―カフェ・ド・ランブル

珈琲の焙煎と抽出法―カフェ・ド・ランブル