珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

ドライングサイクル(Drying Cycle)/蒸らし(コーヒー豆の焙煎)

ドライングサイクル(Drying Cycle)は、日本のコーヒー豆自家焙煎店が「蒸らし」と表現している焙煎工程だと年老いた珈琲豆焙煎屋は理解しています。

コーヒー豆の温度が摂氏150度くらいにまで上昇する間の、あるいは、コーヒー豆の色が黄色く変化するまでの、コーヒー豆焙煎工プロセスの初期段階、それがドライングサイクルと年老いた珈琲豆焙煎屋が表現しているコーヒー豆焙煎の工程です。

この工程で、コーヒー豆は、明るい緑色から薄い黄色へと変化します。

 

 

この記事は、note にエントリーしている『コーヒー豆焙煎(熱加工処理)の基礎知識』の導入部の記事のダイジェスト版です。

note.com

 

ちなみに、note にエントリーしている『コーヒー豆焙煎(熱加工処理)の基礎知識』は以下の3章で構成しています。

第1章、シュリンケージ/Shrinkage

ダイジェスト版/無料です

ekawacoffee.hateblo.jp

第2章、ドライングサイクル(Drying Cycle)=コーヒー豆焙煎の「蒸らし」

ダイジェスト版は、この記事です。

第3章、コーヒー豆焙煎(熱加工処理)の基礎知識

ダイジェスト版/無料です

www.ekawacoffee.work