珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

L値と焙煎度(煎り具合)の関係【珈琲ウンチク版】

焙煎度(煎り具合)は、火力と時間に基づく焙煎コーヒー豆の色づきで決めるとされていますが、焙煎度に対する色や味などの感覚的判断には個人差があります。

ですから、できるだけ客観的に焙煎コーヒー豆の焙煎度(煎り具合)を決めるための補助的な方法として、L値を活用することもあるようです。

 

焙煎度に対する感覚的判断の個人差を補う手段として、シュリンケージ(目減り率)やPH値やL値(色差計or測色計)が補助的に使われることもあります。

PH値は、PH測定器で測れます。シュリンケージは、重さを測るスケールで測れます 

 

黒のL値を0、白のL値を100として、その間の色の差(明度)を数値(0~100)に置き換える測定器が色差計です。

コーヒー豆の焙煎が深い(強い)ほど焙煎コーヒー豆の色が黒くなる傾向があるので、焙煎コーヒー豆の焙煎が深く(強く)なればL値が低く(小さく)なって、焙煎が浅くなればL値が高く(大きく)なります。  

 

この記事は、「年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ」に掲載している記事「L値と焙煎度(煎り具合)の関係」のコピー記事で、note にて有料公開している「コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識」に収載している『L値と焙煎度(煎り具合)の関係』のダイジェスト記事です。

www.ekawacoffee.work

 

L値と焙煎度(煎り具合)の関係の正規版は、note で有料公開している記事「コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識」の中に収録しているので、そちらで読んで頂けます。購読料は100円です。

note で有料公開している記事「コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識」には、L値と焙煎度(煎り具合)の関係を含めて4本の独立した記事を収録しています。

コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識

 

note 版、「コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識」に収録している記事は

(1)コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識

 案内版は→コチラ

(2)L値と焙煎度(煎り具合)の関係

 案内版は→コチラ

(3)コーヒー豆の熱伝達

 案内版は→コチラ

(4)膨化(パフィング)/explosion puffing

 案内版は→コチラ